英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
ビジネス英会話をさまざまなシチュエーション別に手軽に学べます。マンツーマン英会話スクール IHCWAYのサイトでビジネス英会話の表現を英会話の例文を音声を聞きながら学ぼう。

英会話スクールIHCWAY ビジネス英会話を学ぶ 各職場のビジネス英会話

2015年5月29日 15:28

マット先生のビジネス英会話 水産関係の英語

National Geographicに興味深い文章を見つけたので、紹介します。

遺伝子配合によるhybridな魚の商品化についての一文からです。 

"It's imperative it be labeled, so consumers can vote with their wallets" 
(注:imperativeの後には、thatが省略されている。) 

何故この文章を紹介したかは、もうおわかりかもしれませんが、仮定法現在形の用法の特徴がわかりやすく出ているからです。 

和訳をすると、「消費者が財布を以てして選択できるように(つまり、hybridと認識したうえで買い求めることができるように)それはラベルで表示されなければならない。 」となります。
that 以下は it is labeled とはならず、又、can, should, would, mightなどの助動詞も使われず、be 動詞だけが原型でそのまま使われていますね。これがこの用法の特徴です。 

時制を超越した一定の真理の様な意味合いで、筆者はこの用法を選択したものと考えます。 

日本の学校教育で扱われているかどうか不明ですが、原書類でもめったにお目にかかれない用法なので、今回出会うことができて、幸運でした。

ビジネスの文章や書類でも、このような表現方法を取り入れ、活用してみてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ