英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年2月 6日 18:31

Cut some slack ( 余裕を与える ) マンツーマン英会話 Maria先生の発音付き

Cut some slack


To be flexible or lenient with somebody. 
誰かに対し、融通を聞かせたり、寛大な態度をとること。

Cut Jim some slack. He didn't mean to be rude. He just had a very difficult day.
ジムを大目にみてやってよ。彼も失礼な態度をとるつもりはなかったんだ。
ただ、今日は彼にとって、とても辛い一日だったんだ。


「大目にみる、手を緩めてやる、勘弁してやる」といった意味ですが、語源についてはいくつもの説があり、今回少し詳しめに調べてみました。
まず、slack が緩いという意味の形容詞のため、一般にロープを緩めるというイメージから、その由来は航海にある、あるいは鉱山、絞首刑、送電線ではないか、などと言われています。
しかし、中でも有力なのが、ロープとは関係のない、「桶屋」ではないか、という説です。

昔、桶作りの職人たちは、桶や樽を作るために、2種類の板 ( stave ) を用意していました。
一つは質の高い、硬め ( tight ) の板で、水を入れる樽を作るための材料でした。
もう一つは、質の落ちる緩い ( slack ) 板で、水ではない、乾いた固形物を入れる桶用のものでした。
このため、桶屋が、材料を購入する時、業者に「緩い板を切ってくれ」"Cut me some slack "というと、業者は自然と「ああ、そんなに質が良くなくてもいいという意味なんだな」とわかったと言います。

これによって、相手への要求レベルを少し下げる、つまり余裕を持たせる・大目にみる、といった意味になったと考えられ、有力な説とされています。



英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ