英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年2月29日 12:59

In for a penny, in for a pound(乗りかかった船 )マンツーマン英会話のMatt先生の発音付き

マンツーマン英会話レッスンの担当のMatt先生の1日1英会話です。 


In for a penny, in for a pound

To be fully involved. No half-measures. 
全面的に関わること。中途半端はダメである。

I said I would help my friends to the end. In for a penny, in for a pound. 
私は友達を最後まで助けたいと言った。いったん始めた以上、とことんやりぬくのだ。


やりかけた以上は何がなんでもやり通さなくてはいけない、というイギリスの古いことわざです。

直訳すると、たとえ1ペニーでも投資するのであれば、成功するには、後からもっと多くの投資が必要になる、という意味になります。つまり、これは、いったん何かを始めたら、それが当初予想していたよりも大変だということがわかっても、逃げずに、やり遂げなくてはならないと意味をを比喩的に表しています。

また、1ペニーを手に入れる仕事を始めた以上は、1ポンドも手に入れよ、という解釈もあるようですが、いずれにしても「いったん始めた以上、中途半端では終われない」「乗りかかった船」を意味します。

pennypound はイギリスの通貨ですが、これをアメリカでは通貨を自分たちのものに変えて、in for a dime, in for a dollar ともいうようです。


英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ