英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年3月 6日 11:49

Take the biscuit (あきれる) マンツーマン英会話のMatt先生の発音付き

マンツーマン英会話レッスンの担当のMatt先生の1日1英会話です。 


Take the biscuit

An annoying situation. Someone or something has worsened. 
迷惑な状況。誰かや何かの状況が悪化する。

 "The waitress brought the wrong order to my table, and when I went to pay I was overcharged. This really takes the biscuit!"
ウェイトレスが間違った料理を持ってきた。そして、支払いの時は多く請求された。全くあきれたことだ!

直訳すると「ビスケットをとる」となります。イディオムとしていくつかの意味があるのですが、今回の例文で取り上げるのは「 がっかりだ、迷惑だ、ショックだ、頭にくる、とんでもないことが起きた」といった意味にあたります。

本来的には、「一等賞を取る、一番になる」といった意味になります。このイディオムはもともとアメリカ英語であり、take a cake といいます。
これは、ケークウォーク(Cakewalk)といって19世紀末にアメリカ南部に興り、黒人の間で発祥した軽快なリズムのダンスがあり、このダンスのコンテストの賞品が立派なケーキだったことに由来していると言われています。
このため、「ケーキを獲る」が「一等賞を獲る」という意味で使われるようになったということです。

その後、アメリカではケーキだった表現が、イギリスに渡って、biscuit になったようです。

また、一番は一番でも、悪いことについて、皮肉を込めて大げさに「他に抜きんでる、並み外れている」という際にも使われます。

英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ