英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年11月 7日 11:54

Make no bones(ためらわずにものを言う)英会話レッスンの Matt 先生の英語慣用句 No.1450

英会話レッスンの担当の Matt 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。


Make no bones about it


To be frank. Don't hesitate to say. 

率直である。ためらわずに言う。


" I told him his appearance was unprofessional; his hair was dirty and he had not cleaned his teeth. I made no bones about it!"

私は彼に、その格好はプロ的でないと言ってやった。彼の髪は汚れ、歯も磨いていなかったからだ。私にはためらうことなどなかった!


make no bones とは「人が困ろうが怒ろうが感じたことや思ったことをためらわず言う」という意味で、発言の率直さを表します。
make no bones about ・・・ という形で用いられ、「ためらわずに・・・と言う、認める」「・・・ をするのが平気である」 となります。
ところで、なぜ「骨」というのでしょうか?
この表現は15世紀中ごろにはあったといわれる古いもので、はっきりした由来はもうわからなくなってしまいましたが、いくつかの説があり、有力なものは、骨の入ってないシチューやスープは食べやすく、ためらわずに飲み込めるから、というものです。


英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ