英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年12月11日 11:00

Take the bad with the good ( 苦あれば楽あり ) 英会話レッスンのJeremy先生の英語慣用句 No.1484

英会話レッスンの担当の Jeremy 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

To take the bad with the good


To understand and accept both the positive and negative parts of a situation. To deal with all aspects of a situation.

ものごとの良い面と悪い面両方を理解し、受け入れること。


"She's just begun living with her boyfriend and he has some awful habits! But she has to take the bad with the good."

彼女はボーイフレンドと暮らし始めたばかりだが、彼にはいくつかのとんでもない癖をもっている ( と知った)  。
だが、彼女は彼の悪い面も、良い面もぜんぶ受け入れるべきである。


これは、直訳通りの意味を持つ、ことわざです。つまり、悪いことを良いことともに受けとる、ということで、人生においてはものごとの一側面だけではなく、別の側も見て、受け入れることが大切である、という意味です。

語順については、本来はtake the bad with the good とするのが正しいようですが、take the good with the bad という人も多いようです。
あまり深い意味はなく、語感で自然にそうなってしまうようです。
日本語でも、「楽あれば苦あり」「苦あれば楽あり」両方言いますね。
苦楽は切り離せないから、どちらでも正しいという人もおり、奇しくも英語と日本語共通の現象が生じているようです。

ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ