英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2017年1月15日 15:52

Save for a rainy day ( いざというときのための貯金 ) 英会話レッスンのDustin先生の英語慣用句 No.1519

英会話レッスンの担当の Dustin 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。


Save for a rainy day


Save something for an emergency or a more important time. 

緊急時や、より重要な時のために節約する。


"I always save a small part of my salary for a rainy day." 

私はいつも、給料の一部をまさかの時のために、とっておいてある。

save for a rainy day を直訳すると、雨の日のために取っておく、となります。
rainy day にはものように文字通り「雨の日」という意味の他に、「万一の場合、まさかの時」という比喩的な意味があります。
つまり、この表現は雨の日のためではなく、万一のために蓄える、という意味ですが、その物とは特にお金をさていします。
この表現がいつごろからあったかは、16世紀ともいわれますが、定かではありません。

ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ