英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2017年11月10日 06:56

The writing is on the wall(前兆)英会話レッスンの Matt 先生の英語慣用句 No.1771

英会話レッスンの担当のMatt 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

The writing is on the wall

Going to fail.
悪化の兆し

" The new business across the street never looked like succeeding. The writing was on the wall from the start."
通りの向こうで始まった新しい商売は、これまで一度もうまくいってないようだ。最初から良くない兆候だ。

the writing is on the wall とは、兆しがある」「前兆がある」という意味ですが、特に誰かや何かに問題が起きたり、失敗したり、災など良くない目に遭う兆候をいいます。
また the writing on the wall という名詞形でも用いられますが、その際には動詞 see read の目的語として使われることが多くなります。
このイディオムは直訳すれば「壁に書いたもの」となりますが、なぜ悪い兆候を意味するのかというと、語源はたいへん古く、旧約聖書に遡ります。
この writing handwriting ともいわれることに関連するのですが、ある時、バビロンのベルシャザルという王が宴会を開いていると、宮殿の壁に奇妙な手が現れ、意味のわからない筆跡を残したそうです。
どういう意味か尋ねられた預言者ダニエルは、王の死と王国の分裂であると解釈し、実際にその通りになったのです。
この印象深いエピソードがそのままイディオムとして使われているということです。

ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ