英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2018年1月13日 10:30

Throw the kitchen sink at (すべてをやりつくす)英会話レッスンの Dale先生の英語慣用句 No.1835

英会話レッスンの担当の Dale先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

Throw the kitchen sink at something

Try everything you can to achieve something.
(Usually used in sport, when a team or player does everything they can to win.)
何かを達成するためにできることは何でもやってみる。
(通常はスポーツにおいて、チームや選手が勝つために何でもやることを言う。)

"We were losing with only two minutes remaining, so we threw the kitchen sink at them!"
我々はいま負けており、あと2分しかない。だから勝つためにできることは何でもやろう!

"I threw the kitchen sink at trying to save my job!" 
(I was going to be fired so I tried everything to impress my boss.)
仕事が無くならないようにするために、何でもやった!
(クビになりそうだったので、上司を感心させるためになんでもやろうとした。)

直訳すると、「台所の流しを投げつける」 となりますが、これは  「何か (誰か) に対して全てをやりつくす」 という意味のイディオムです。英語の kitchen sink には「考えうる最後の物」 という意味があり、everything but the kitchen sink (ほとんどすべて、なんでもかんでも) という表現でよく知られています。
しかし、なぜ 「台所の流し」 が出てくるのでしょうか、日本人から見ると、よくわからない感覚ではあります。
もし、アメリカのドラマがお好きな方なら、ピンと来たかもしれませんが、プリズン・ブレイクのリンカーン・バローズ (とにかくケンカが強い) のあだ名はLink the Sink ですね。以前、このあだ名はキッチンのシンク以外はみんな 武器にするという意味だと聞いて、なぜキッチンのシンクと武器が結びつくのか少し疑問でしたが、今回学んだことによって、キッチンのシンクという具体的なものではなく、「なんでも武器にする」 ととらえたほうがよさそうに思えましたがいかがでしょうか。

英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。
(ティム先生による音声)

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ