英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
ビジネス英会話をさまざまなシチュエーション別に手軽に学べます。マンツーマン英会話スクール IHCWAYのサイトでビジネス英会話の表現を英会話の例文を音声を聞きながら学ぼう。

英会話スクールIHCWAY ビジネス英会話を学ぶ 各職場のビジネス英会話

2015年2月19日 16:29

マット先生のビジネス英会話 "utter"

マット先生のビジネス英会話"utter" 


今回は、ビジネス出張でヨーロッパ、アジアを海外を渡り歩いたマット先生の、長期の現地生活を通じて「言葉」について感じたことを英語エッセイにしてお届けします。
また単語utterの用法にも注目です。 

 <An utter hypothesis> 
In any country, there is something surprising to a newly arriving foreigner, especially if it is far away from his home town. 
By the way, I once stayed in a coastal town in the northern Norway. 
When I started the life there, it occurred to me that the hiccup was an endemic habit among people there, because I so often heard people utter a hiccup-like sound while they spoke. 
Later I noticed that they inhaled the air, though not much, when they uttered, for example, "Ja"(like ja of yacht) meaning "Yes". Why do they dare to inhale the air, I wonder, where the temperature is much lower than the other parts of the hemisphere? 
Any other places where people utter words inhaling the air? How about the Inuit people about whom I have no knowledge at all? Passing over the Temperate Zone, it seems the pronunciation by those who live in a large part of the tropical area is much depending upon the popping sound of the lips or the tapping sound of the tongue, rather exhaling their breath. 
There could be some correlation between the latitude and the mechanism of emitting voices. 
(Note: The southern hemisphere is not the integral part of this topic. The author does not have any sustainable experience there.) 

以下、簡単な訳文 

<全くの仮説> 
何処の国でも、外国人が初めてそこに入った時、特にその国が故国から遠い時には、何かしらの驚きがあります。 
ところで、私はかつて北部ノルウェイの港町に住んだことがあります。住み始めた時、こちらの住民はシャックリが地方固有のクセかなと思いました。というのも、彼らが話す時にしばしばシャックリのような音を発することに気が付いたからです。
その後、例えば "ja"="Yes"(yachtyaのような音)と言う時に彼らは空気を吸い込むことに気が付きました。半球の他の地域よりずっと温度の低い場所でなぜ敢えて空気を吸い込むのでしょうか?他にこういう場所はあるでしょうか?関わりがないので判りませんがイヌイットはどうですか?温帯を通り越すと、一部熱帯地方の人々の発音は,むしろ息を吐きだして唇の破裂音や舌を打ち付けることに頼るような気がします。 
緯度と発音のメカニズムに何らかの相関性がありそうな気がしま。 

[注:今回南半球は考慮の対象外です。筆者がその方面の経験不足のため。] 

[眼の付け所]
タイトル"An utter hypothesis"utterは、"全くの"という意味で、後に出てくる
"utter""utterance"は、"発言する"や"発言"を意味します。掛詞的です。ここが読者に解ってもらえればうれしいのですが。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ