英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年1月 3日 17:03

No spring chicken (もう若くない) マンツーマン英会話Maria先生の発音付き

No spring chicken


Somebody who is not particularly young. 
あまり若くない人

My grandfather runs marathons, and he's no spring chicken. 
わたしの祖父はマラソンを走るのだ。いい年をして。

spring chickenとは、春に生まれた若鶏という意味で、特に生後2か月から10か月の、フライなどにして食べると柔らかく美味しい肉を持つものです。
同時に、スラングでは経験に乏しいひよっ子、特に青年や少年を示します。

否定形のno spring chicken となると、「もう子どもではない、若くはない」という意味になります。
これには「青二才ではなく経験を積んでいる」という肯定的な意味もありますが、「もう若くないのに、自分ではそれを気付かずに、年甲斐もなく若者のようにふるまっている」と、否定的な意味あいで用いられることが多いようです。
女性について用いられることも比較的に多い表現です。


英語ネイティブによる発音は以下をクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ