英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年3月 9日 11:53

A white elephant(無用の長物)マンツーマン英会話のMatt先生の発音付き

マンツーマン英会話レッスンの担当のMatt先生の1日1英会話です。 


A white elephant

Something that cost a lot of money but has no real use. 
Expensive and unpractical. 
たくさんの経費がかかるが、実際の使い道がない物。
値段が高いが、実用的でない。

"The town's new swimming pool has become a white elephant since the school closed down."
その町の新しいプールは、無用の長物となった。なぜなら、学校が閉鎖されてしまったからだ。


直訳すると「白い象」となりますが、イディオムとなると、そのものの価値以上にトラブルが多くて、重荷である所有物を意味します。

古代のタイでは白い象は神聖であると考えられていましたが、白い象を飼うことは、特別の餌が必要であったり、とても高い経費がかかりました。
このため、タイの王様は気に入らない家臣がいると、わざと白い象を贈りました。お金ばかりかかる厄介者の白い象を受け取った家臣は、王様からの頂き物を捨てるわけにも行かず、破産してしまうのが常であった、といわれています。
この言い伝えが、白い象が、いわゆる「無用の長物」「ありがた迷惑」、しかも高くつく物を指すようになった語源ということです。
インドやタイではすでに17世紀の初頭には白い象が神聖視されるようになったとされていますが、
英語にこのイディオムが登場したのは19世紀後半です。

ちなみに"white elephant sales" とは、不用品を持ち寄るバザーのことで、20世紀の初頭に教会のバザーなどにおいて生まれ、現在も使われています。

不便な割には高かったり、奇妙なものを指すことが一般的です。


英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ