英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年5月 6日 12:54

Pomp and circumstance( 壮麗なる儀式 )マンツーマン英会話のMatt先生の発音付き

マンツーマン英会話レッスンの担当のMatt先生の1日1英会話です。

Pomp and circumstance

A formal ceremony that includes music and a festive like celebration. 
祝賀のように、音楽や祭典を含む、正式な儀式。

"Their fiftieth anniversary was celebrated with much pomp and circumstance."
50周年は、壮麗なる儀式によって祝賀された。

Pomp and circumstance は、シェークスピアの作った言葉である、と考えられています。
まず pomp とは、ラテン語とフランス語が起源で、壮麗・荘厳を表します。英語に取り入れられる時、多少、ネガティブな要素が加わり、pompus というと「もったいぶった、えらそうな」という意味になります。
pomp という言葉は、古そうに見えて、今でも案外よく使われています。
音楽の世界では、エルガーの行進曲のタイトル、日本では"威風堂々"として有名ですがクラシックのみならずロックの世界でも、プログレが衰退した後、1980年代に、ファンタジックかつドラマチックな pomp-rock ( 華麗なロック ) というジャンルのロック音楽が誕生しました。
その後、ポンプ・ロックもすたれてしまいましたが、その pomp という言葉だけは、しっかりと残っているようです。

一方、circumstance は、現在は環境・状況という意味ですが、シェークスピアの時代には騒ぎ・騒動を表しました。

シェークスピアのオセロにおけるセリフ " Pride, pomp, and circumstance of glorious war ! "(光栄ある戦場の誇りも輝きも壮観も)が、その後、他の作家が引用したこともあり、一般に広がって行ったようです。

英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ