英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年6月25日 11:59

Be the apple of one's eye (愛おしい存在)マンツーマン英会話のKen先生の発音付き

マンツーマン英会話レッスンの担当のKen先生の1日1英会話です。 


Be the apple of one's eye 

Explanation- Favorite person or thing 

好きな人、あるいは、好きなもの


Example - John is the apple of his mother"s eye. He can get anything he wants.

ジョンは、母親にとって、かわいくてたまらない存在だ。ほしいものは何でも手に入る(母が買い与えてくれる)。


このappleは、食べ物としてのリンゴという意味ではありません。
古くは、目の中の瞳孔のかたちがリンゴに似ていると考えられ、また目は人間にとってとても大事であり、不可欠であることから、「非常に大切な愛おしい存在」を意味するようになりました。物よりは人について用いることが多いです。

大変愛おしい、「掌中の珠」をあらわすことから、日本語では「目の中に入れても痛くない」とも訳され、まさにその通りの意味ですが、英語の語源の「目」とは異なりますので、少々、気をつけたいポイントです。

ネイティブによる英語音声をお聞きになるには、下記のURLをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ