英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年6月26日 11:07

Throw the book at (厳罰に処す) マンツーマン英会話のMatt先生の発音付き

マンツーマン英会話レッスンの担当のMatt 先生の1日1英会話です。 

Throw the book at

To punish someone. A serious conviction. 
人を罰する。厳しい判決を下す。

"It's the second time this week the teams player has been late for training. I think the coach may well throw the book at him this time!"

その選手が、練習に遅れていたのは今週2回目である。今回こそ、コーチが彼に厳しい罰を与えるだろうと、私は思う。


一般に the Book というと、聖書を指しますBは大文字が、
ここでいう book とは、どの法律が適用できるか書かれているリスト・法律書といったものを示しています。
このため、直訳すれば法律書を投げつける、となりますが、投げつける相手が誰かといえば、被告です。
つまり、警察や裁判所が被告に厳しい判決を下したり、できるだけ多くの罪状を適用するといった意味になります。

現在は、正式な公的機関による厳罰だけではなく、例文にあるような、一般のルール違反に対する厳しい処分についても比喩的に使われます。


英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ