英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年9月23日 13:18

Chomping at the bit ( ・・・したくてウズウズする)英会話レッスンのMatt先生の英語慣用句 No.1408

英会話レッスンの担当の Matt先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

Chomping at the bit


Ready to start. Eager to begin something. 

準備万端。何かを始めたい気持ちでいいっぱいである。


" As soon as I arrived at my new office today I couldn't wait to get working. I was chomping at the bit."

今日、新しいオフィスについたとたんに、仕事を始めたくてたまらなくなって、うずうずしていた。


chomp とは、ムシャムシャ食べる、という意味の口語です。champとも言われ、いずれも馬や人が何かを食べるさいにムシャムシャ口を動かしたり、口に物を挟んでバリバリ噛んだりする音から来ています。champのほうが古い言葉と考えられています。

bit は、通常「少し」という意味でよく使う言葉ですが、馬術用語では、専門的に言えば轡(くつわ)の馬銜(はみ)を指します。轡とは馬の口に装着する馬具で、馬銜とは轡についていて、馬の口の中にはめる金属製の器具のことです。
そもそも「少し」という意味のbit は、何かを少し噛むということから、bite ( 噛む) から来ているといわれています。

馬に馬銜をはめるのには、馬をコントロールすること、道に生えている草などを勝手に食べるのをやめさせること、また馬の気持ちを静めることといった目的があります。
馬は何かを待ちきれず、イライラする時など、馬銜を噛むといいます。

つまり、be 動詞+chomping at the bit to + 動詞 とは、何かをしたくてたまらないのに、待たされて ウズウズしている、イライラしている、ような状態を表します。通常、現在進行形で用いられますのでご注意ください。


英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ