英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年9月30日 17:17

A glutton for punishment ( 嫌なことを進んでする人 ) 英会話レッスンのMatt先生の英語慣用句 No.1415

英会話レッスンの担当の Matt先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。 


A glutton for punishment 

To continue with something despite pain or hardship. 
苦しみや困難にかかわらず、物事を続ける人。


" He already works six days a week plus overtime, and now he's decided to work from home on Sundays. I think he's a glutton for punishment."

彼はすでに週6日の仕事に加え、残業もしている。そして、今、日曜日は在宅で働こうと決めている。
なんて仕事好きなんだろう。

「普通は人が嫌だと思うようなことでも一生懸命やる人、嬉しくない結果を生むものについても、がんばって努力する人」についてユーモアや皮肉をまじえて表現する言い方です。
glutton には、大食家や大ぐらい、といった意味があり、口語では何かをするのに熱心な人という意味になります。
a glutton for punishment は、直訳すれば「懲罰に熱心な人」となり、これでは意味がよくわかりませんが、もともとは a glutton for work として19世紀の後半に「仕事熱心な人、仕事の虫」を表す言葉だったそうです。そして、19世紀後半頃には、work のかわりにpunishment が使われるようになったそうです。 
punishmentには、処罰や懲罰と言った意味しかないようですが、なぜ仕事のかわりに使われるようになったのでしょうか。
日本では勤勉、仕事熱心と評されるかもしれないですが、英語になると「嫌なことをがんばる、ものずき」「ちょっと変わってる」 という感じでしょうか。文化の違いに興味がわきますね。


英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ