英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年10月 5日 10:56

A bird in the hand is worth two in the bush 「後の百より今の五十 」 英会話レッスンのMatt先生の英語慣用句 No.1419

英会話レッスンの担当の Matt先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。 


A bird in the hand is worth two in the bush 

Something we already have being of more value than other things we desire. 
今すでに持っている物のほうが、欲しいと望む他の物よりも価値がある。


" If I were you I'd accept the money they're offering now. After all a bird in the hand is worth two in the bush." 
もし私があなたなら、彼らが今、あなたに提示している金額を受け入れるだろう。
結局のところ、後の百より今の五十なのだから。


古くは13世紀のラテン語に起源を持ち、英語でとしては15世紀には使用例があるそうです。
ただし、もっと古く、古代アッシリア地方で紀元前6世紀には似たような表現があったそうで、それは"手の中にいる一匹のツバメのほうが、空を飛ぶ何千ものツバメよりも良い"というものだそうです。

小さくても確実に有利なもののほうが、大きくてもわずかな見込みしかないものよりも、好ましいという意味で、日本語のことわざでいえば、あまりなじみはないですが 「後の百より今の五十 」 や 「掌中の一羽は叢中の二羽に勝る 」 にあたります。

英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ