英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年10月31日 17:05

Pear-shaped ( 失敗する ) 英会話レッスンの Matt 先生の英語慣用句 No.1443

英会話レッスンの担当の Matt 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

Pear-shaped

When something goes wrong or fails.
物事が悪化する、失敗する。

 
" I had spent all afternoon mixing my cake for the party tonight. But when  I took it out of the oven, it had gone all pear-shaped."

私は今晩のパーティーのために、午後の時間をずっとケーキつくりに費やした。
しかし、オーブンから取り出した時、台無しにしてしまった。


本来、洋ナシ形をした、というと、普通はふくよかな、柔らかな形やラインをした、という意味しますが、go pear-shaped といえば、計画などが失敗する、状況が悪化する、という意味になります。
これは、イギリスやアイルランド、オーストラリアなどに限って使われる比較的新しい口語のようです。
 "It's all gone pear-shaped" という形で用いられることが多く、最悪の結果になった、台無しになった、という意味になります。
本来のイメージの良い 「 洋ナシ形 」 とは程遠い意味であり、不思議ですが、この言葉の語源には様々な説があります。
一説には、「 英国空軍でアクロバット飛行の練習の際に、新人がきれいな円を描けずに、いびつな円になってしまう様子から来ている 」 といわれます。
他には、「ガラス工芸で、熱したガラスを吹いて球形を作る際に失敗して洋ナシ形のようにいびつになってしまった様子からきている」 とか 「本来、球形のはずの真珠が、質の良くないものだといびつに歪んでいることにちなんでいる 」 等、多くの説があるようです。

いずれの説にも本来の球形が歪んでしまった、という共通したイメージがあると考えられます。

英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。



駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ