英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年11月 9日 10:32

Bated breath ( 息をひそめて ) 英会話レッスンの Matt 先生の英語慣用句 No.1452

英会話レッスンの担当の Matt 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。


Bated breath

To experience anxiety or excitement about an imminent event. 

差し迫る事態に、不安や興奮を感じること。


" I waited with bated breath as my test score was announced. "

テストの結果が発表されるということで、私はハラハラしながら待っていた。


通常 with bated breath という形で用いられ、「息をひそめて、ハラハラしながら、固唾をのんで 」 という意味になり、心配や興奮の気持ちで待つことに使われます。

この bate という動詞ですが、ネイティブにとってもほとんどなじみのないもののようです。よって、スペルがbate なのか bait なのか、はっきりわからない人も多いそうです。
その証拠にハリーポッターにはbaited breath が採用されているそうで、こう見ても、かなりの市民権を得ているスペルのようです。
しかし、bait とは、釣り針や罠に餌をつけるという意味なので、なぜ「息をひそめる」となるのかよくわからないと感じながら、そのまま使っているのが現状のようです。

ただ、正しくは bated です。
bate は辞書を調べても「鷹が翼をばたつかせて逃げようとする」などと出てきますが、古い用法で「減る、減らす」という意味があり、これが関連しています。この意味においては、'bated' とは 'abated' の短縮形で、「弱める・抑える」といった意味になりますので、まさに「息をひそめる」に通じます。

英語において手本となるのは、やはりシェークスピアのようで、その作品「ベニスの商人」には、正しいwith bated breath が用いられています。

ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ