英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年12月14日 19:35

Ahead of the curve(時代を先取りしている)英会話レッスンのJeremy先生の英語慣用句 No.1487

英会話レッスンの担当の Jeremy 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

Ahead of the curve


To be better than average. To be of a higher quality than other things. To be advanced or futuristic.

平均より上。他よりも質が高い。進んでいる、未来的である。


"You need to work hard to stay ahead of the curve."

あなたは常に時代の先を行くために、一生懸命仕事する必要がある。


このイディオムにはアメリカの口語で、学問やビジネスの分野や社会的な発展において、先回りをする、先手を打つ、といった意味があります。
逆に、遅れをとることは behind of the curve といいます。

カーブの前、カーブの後ろ、といいますが、いったいこのカーブとは、何なんでしょうか。カーブといっても、いろいろあります。
はっきりとした説明が、なかなか見当たらず、せいぜい「統計のグラフのカーブ曲線」といったものですが、念入りに調べたところ、どうやら、もともとは"ahead of the power curve"といわれていたそうです。
power とあるので、電気と関係があるかと思われがちですが、実は飛行機のエンジンパワーのことで、power curve とは航空用語で、「必要馬力と利用馬力の曲線」だそうです。
おそらくアメリカ空軍で用いられていた表現が広まり、変化したのだろう、という考えが有力なようです。


ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ