英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年12月20日 11:01

Man-to-man ( 腹を割って ) 英会話レッスンのJeremy先生の英語慣用句 No.1493

英会話レッスンの担当の Jeremy 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

Man-to-man


To be straightforward with someone. To speak to someone in a way that is traditionally considered masculine and/or aggressive. 
For two men such as a pair of friends, opponents, or a father and son, to have a candid discussion with each other.

相手に対して率直な態度をとること。
一般に男らしく押しが強いと考えられる姿勢で話をすること。
男同士の友達、敵同士、父と息子などがお互い遠慮なく率直に話し合うこと。


"Hey bro, why don't we settle this outside; man-to-man?"

よう、お前。外に出て、お互いはっきりさせようぜ。

(*テレビやドラマのせりふで、殴り合いの喧嘩の前に、建物の外に出る様なシーンでよく使われる表現)


"I'd like to have a man-to-man talk with you, son."

おい、お前(息子)。お父さんは、包み隠さず話したいことがあるんだよ。



議論や話し合いをするにあたって、率直な、腹を割った、という意味です。
man-to-man といえば、やはり男性同士になりますので、性別を問わない個人対個人と表現したい場合はperson-to-person となります。
 
スポーツで使われる場合は、1対1のプレーを意味し、球技などでは日本語でも、よく「マンツーマン・ディフェンス」といったりしますね。

日本語では「マンツーマン」といえば、それこそマンツーマン英会話といった、個人指導のイメージですが、英語には「1 対 1」の意味はなく、そのようなスタイルは英語では正しくはone-to-one またはone-on-one といいます。


ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ