英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2016年12月22日 11:57

Ring a bell ( ピンとくる ) 英会話レッスンのJeremy先生の英語慣用句 No.1495

英会話レッスンの担当の Jeremy 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。


Ring a bell 


To be familiar to someone and/or to cause someone to remember something.

人にとってなじみがある、または人に何かを思い出させること。


"So what do you think? Does the name ring any bells?"

それで、どう思う?その名前に、ピンとくる?


"Yeah... the name rings a bell! I think I've met him before."

あぁ...ピンと来たぞ!以前、彼にあった気がする。


直訳すると「ベルを鳴らす」となりますが、これはイディオムとしては「心当たりがある」という意味になります。
何かのフレーズや言葉を聞いて「ピンとくる」ことで、特に、名前を聞いてピンとくる場合によく使われます。
逆に、ピンとこない場合の否定形は" It doesn't ring any bells with me."と言います。

注意すべきは冠詞で、必ずa にすることが重要です。なぜなら、ring the bell というと様々な意味を持つ口語となるからです。
主に 「 商品などがヒットする 」 という意味がありますが、他にも 「 食べ物や飲み物が今ちょうど欲しかったところだ 」 「 誰かを殴りつける 」 「 何かが終わった 」 などです。

ほんのちょっとの違いでも、全く違う意味になるものですね。



ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ