英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2017年1月10日 13:18

Below the belt ( 汚い手、反則 )英会話レッスンの Matt 先生の英語慣用句 No.1514

英会話レッスンの担当の Matt 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

Below the belt


An unfair action or comment.

卑怯な手を使ったり、痛いところを突く発言をしたりすること。


" My colleague was a little upset today after her meeting with the company CEO.  I think some of the remarks were a little below the belt."

私の同僚は今日、社長との会議の後で少しばかり腹を立てていた。社長による何らかの発言がルール無視だったのではないかと思う。


通常、hit strike といった動詞とともに使われ、直訳すれば「ベルトの下を打つ」となりますが、これはボクシングや他の格闘技におけるローブロー low blow という、相手のベルトの下つまり急所をパンチしたりキックしたりと攻撃する、ルール違反の行為を表しています。

このことから、攻撃が反則、卑怯であること、あるいは批判・発言が不公平だったり、過度に侮辱的といった意味のイディオムとして用いられるようになりました。

ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ