英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2017年1月31日 12:18

No spark of decency(ほんのわずかの品もない)英会話レッスンのDustin先生の英語慣用句 No.1535

英会話レッスンの担当の Dustin 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

No spark of decency


No manners.

不作法である。


"They ate with no spark of decency, disgusting everyone else." 

彼らの食べ方には品のかけらもない。誰もが見ていて気分が悪くなる。


decency とは礼儀や品の良さという意味です。
spark はというと、火花や火の粉、また活気や鋭いひらめきという意味があります。
ただし、通常は今回の例文のように否定文でa spark of として用いられる場合、「ほんの少しの、わずかの」といった意味になります。
すなわち、否定形なので、not a spark ofno spark of といった形になり、「 わずかの・・・もない」「少しも・・・ない」となります。

a spark of interest a spark of hope といった表現が一般的な例として挙げられます。


ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ