英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2017年3月30日 07:04

A slap on the wrist(軽いお仕置き)英会話レッスンの Dustin 先生の英語慣用句 No.1592

英会話レッスンの担当の Dustin 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。


A slap on the wrist


A very mild punishment.

とても軽いお仕置き。


"I thought my boss would kill me after I wrecked his car, but I got just a slap on the wrist. 

上司の車をペシャンコにした時、きっと殺されるかと思ったが、軽いお仕置きですんだ。


slap on the wrist とは、相手の手首をピシャリと打つことです。
相手が何か悪いことをした時に、実際に手を打つことを指すこともあれば、何らかの処罰の例えとして用いられこともあります。罰といっても重いものではなく、軽い叱責や警告といった程度です。
くしくも、日本にも「しっぺ」という、よく子供同士が遊び半分でやることなのですが、人さし指と中指とをそろえて相手の手首を打つ動作があります。
これがけっこう痛いのです。ちなみに「しっぺ」は、座禅の時に集中できていない参禅者の方を打つ、竹製の長い道具「しっぺい」が語源だと、林先生が言っていました。
外国でも同様に、手首を打つことがお仕置きとなるというのは、面白いですね。


ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ