英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2017年4月 4日 09:05

Three sheets to the wind( 泥酔している )英会話レッスンの Dustin 先生の英語慣用句 No.1597

英会話レッスンの担当の Dustin 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。


Three sheets to the wind


Very drunk and walking unsteadily. 

泥酔して、まっすぐ歩けない状態。


"When my friend and I came out of the bar, we were three sheets to the wind." 

友人と私はバーを出た時、ともにグデングデンであった。


この表現は昔の船乗り用語に由来しています。まず、この sheet ですが、普通でしたら帆を想像しますが、不思議なことに、ロープ ( 鎖の場合もある ) を意味しています。このロープは帆の下の部分に取り付けられ、帆の位置や角度をしっかりと固定するものでした。
万一、このロープが緩んで、風に吹かれたりすると、帆があおられて船は傾いてしまいます。
この様子がまるで酔っ払いがよろめく姿そのものなので、転じて、泥酔を示す言葉となりました。
この酔っ払いかたにも段階があるようで、紐が一本ゆるんだ one sheet なら千鳥足レベル、two sheets なら更に酔いが回り、よって three sheets ともなれば、相当な泥酔レベルと考えられます。


ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ