英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2017年4月 7日 12:47

Go postal(腹を立てる)英会話レッスンの Dustin 先生の英語慣用句 No.1593

英会話レッスンの担当の Dustin 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。


To go postal


To become extremely angry and violent.

極度に怒る、暴力的になる。


"If my boss doesn't start treating me with respect, I'll go postal."

もし上司が私に対するひどい扱いを改めなければ、私はきっとキレるだろう。


この go は、・・・になるという意味なので、一見、郵便局へ行くという意味かな?と思ってしまいますが、そうではありません。
では、郵便局 (員) になるとは、どういうことでしょうか。
これは、突然怒り出したり、ヒステリックになることで、とくに職場でのストレスでそうなることを表す俗語です。
これは1980年代の中ごろに、アメリカの郵便局で、上司に勤務態度をとがめられた局員が、腹を立てて、複数の同僚を射殺したという衝撃的な事件に由来しているそうです。
うまれてから30年くらいの、新しい英語表現ということですね。


ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ