英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2017年4月28日 16:05

Stool pigeon(密告者)英会話レッスンの Matt 先生の英語慣用句 No.1574

英会話レッスンの担当の Matt 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。



Stool pigeon


An informer or spy. 

情報提供者、スパイ。


" Be careful what you say around the office about management. I've heard there's a stool pigeon."


職場で、経営について発言するには気をつけたほうがいい。密告者がいるそうだから。


stool pigeon はそのまま訳すと、「 椅子の鳩 」 となってしまいますが、いったいどういうことでしょうか。
先に答えを言いますと、密告者、とくに警察のために働くスパイや、犯罪組織のおとりを意味します。
鳩といえば平和のシンボルなのに、と不思議に思いますが、これは、鳥を狩猟する際におとりとなる鳩を stool につないだことが語源だと一般的にいわれています。しかしながら、これを疑問視する専門家もいるようです。
ここで鍵となるのは、stool が何を指すかということです。つまり、ふつう stool  といえば日本語でもスツールというように、背もたれのない腰掛のことです。
スツールに鳩を結びつける、というと何か変な感じがしますが、stool には実は別の意味がいくつかあって、その中で、木の根元や切株という意味があります。
狩猟の時に切り株におとりの鳩が置かれていたというならば、自然です。
しかし、19 世紀になるまで、この stool pigeon という言葉は記録には残っていないようで、19世紀になってからも、警察への密告者という意味ではなく、他人を共犯に誘う犯罪者という、全く違う意味だったようです。
現在のように、おとりの鳩が警察への密告者という意味で使われたのは、おそらくバーにたむろして裏社会の噂などを収集していた警察の手先が、もともとあった stool pigeon という言葉と合わさって生まれたのではないか、というのです。
ちょっと複雑ですが、バーにはたしかにスツールがたくさんありますから、確かに一理ある気がします。


ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ