英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2018年6月11日 06:54

Caught between two stools(二兎を追う者は一兎も得ず)英会話レッスンの Momoko先生の英語慣用句 No.1961

英会話レッスンの担当の Momoko 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

Caught between two stools

Definition: A situation that one finds it difficult to choose between two alternatives.
2つの選択肢の、どちらを選んでいいかわからない難しい状況。

EX: If this professor tried to be our teacher and our friend, he will be caught between two stools.
もし、この教授が私たちの先生でもあり、友達でもあろうとするなら、どちらにもなれないだろう。

この表現は主にイギリスでいわれ、もとは"Between two stools one falls to the ground " という諺から来ているそうです。
stool とは、単なる椅子ではなく、バーなどにある足の高い腰掛けを指します。ただでさえ不安定気味なのに(酔っぱらいすぎてスツールごと倒れる人もいます)、2つのスツールに同時に座ったり、足をかけて間に立とうというのは、至難の業です。
このことから、2つのことを手にしようとした結果、両方をきちんと行うこともできす、また片方のことですらまともにできずに終わる、という意味になります。
日本語の諺 「あぶはち取らず」「二兎を追う者は一兎も得ず」 に相当します。

英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ