英会話スクール・英会話カフェのIHCWAY
IHCWAYの一日一英会話。マンツーマン英会話なら英会話スクール IHCWAY。

英会話スクールIHCWAY 英会話の表現やイディオムを一日一分で学ぶ 一日一英会話

2019年1月13日 14:31

Take the fifth(黙秘する)英会話レッスンの Matt先生の英語慣用句 No.2160

英会話レッスンの担当の Matt 先生による英語慣用句習得のための1日1英会話です。

Take the fifth

In the USA, it is a legal right not to answer a question.
アメリカにおいて、質問に答えなくてよいとする法的権利。

" The board members tried to get the truth out of him, but every time they came close he would take the fifth."
役員たちは彼から真実を引き出そうとしたが、毎回もう一歩のところで、彼は黙秘した。

このfifth とは、黙秘権を行使することを認めた米国憲法修正第5条 Fifth Amendment を指しており、take the fifth で厳密には法廷での証言を拒むことですが、その他でも質問に答えたり情報を与えることが有罪につながりそうな場合の黙秘権を行使するという意味でも使われます。
黙秘権といえば、アメリカの刑事ドラマで、よく 「権利の告知」 というものが出てきます。犯人を逮捕する時に、警察が必ず "You have the right to remain silent.Anything you say can and will be used against you in a court of law. (あなたには黙秘権がある。供述は、法廷であなたに不利な証拠として用いられる事がある。)・・・" と容疑者に告知しますが、これはミランダ警告というもので、容疑者もこれを聞くと観念した様子になります。
この権利の読み上げをするのが憧れだった、という警察官を、何かのドラマで観たことがあります。

英語ネイティブによる発音は下記のリンクをクリックしてください。

駅のレッスン情報

新宿渋谷恵比寿品川東京駅上野池袋浦和横浜など各駅で受けられるマンツーマン英会話教室。英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、スペイン語のマンツーマンにも対応の英会話スクール。 >>駅レッスン情報

マンツーマン英会話のIHCWAYお問い合わせ